天婦羅たかはし
岡山市北区京町八番一号
(086)223-8452
定休日:祝日のランチ、日曜日
 ランチ:12:00~14:30

ディナー:18:00~21:30

こだわり 


①,こだわりの食材
 「未病」とは病気になる一歩手前の状態を言います。その症状を緩和するのが、「薬膳」と呼ばれる食養生なのですが、一般的には苦いとかマズい等の生薬を使った漢方的イメージがまだまだ強いのが現実です。

 実は我々日本人は、自然に寄り添って 日本の四季折々の「旬な食材」を食べる事で、漢方の薬膳と同様の効能を得る事が出来ます。つまり未病には季節の法則性があり、日本では その季節に必要な効能を持った食材が、丁度 旬を迎えて出回るのです。
「天婦羅たかはし」では四季薬膳認定講師・薬膳アドバイザーでいらっしゃる 古谷育子先生の講義から得た知識に基づき、お客さまの季節の未病改善に少しでも お役に立つ食材をと考えて、日々の天ダネを決めています。

 

②,こだわりの小麦粉
 弊店の天ぷら衣である小麦粉は 国産品の最高峰のものを使用しています。
​これは製菓用でケーキ専用のもの、つまり天カスは焼き菓子と同じ味わいなのです。
これが「天婦羅たかはし」の、あっさり天ぷらの秘密です。

 

③,こだわりの油
 弊店は基本、あえて江戸前天ぷらの王道たるゴマ油を使用しません。代わりに加熱用亜麻仁油を使う事で動脈硬化や心臓病の予防につながるオメガ3の摂取を心掛けています。それは食材の滋味(風味や香り)を100%活かす為の選択でもあります。
 弊店では その日の湿度や油の状態や今日のネタからリノール酸とオレイン酸の配合を割り出し、最適な植物性油を3~4種類ブレンドして使用しています。
 これが「天婦羅たかはし」の、天ぷらの軽さの秘密なのです。

 

④,こだわりの天ぷら鍋
 弊店は天ぷら専門店で多く使われる高級砲金鍋ではなく、あえて安価なアルミ鍋を使用しています。
 「熱しやすく,
冷めにくい砲金鍋」は、一度に多くの天ぷらを均一に揚げるには適していますが、あえて弊店のように 海老をレアに揚げたり 穴子を焦し気味に揚げるのには向きません。
 その点「熱しやすく,冷めやすいアルミ鍋」は 思いのままに揚げられるのでセレクトしました。
 しかし量は揚げられませんので、ご予約無しで いきなり 一度に大勢のお客さまは、ご無礼ながら
お請け出来ません。
どうか、どうか、ご了承下さい。