今月の天ぷら

​例えば [旬コース¥5,500]なら

*献立は 日々の仕入れ具合によって変更する事があります

活き車えび初揚げ
20170517160817.jpg
​白きす旬魚揚げ
29217010_1301348983299740_21665572112144
​  久世アスパラ一本揚げ
​    姫とうもろこし揚げ
​一寸空豆翡翠揚げ
​千両なす田楽揚げ
​穴子南蛮揚げ
4fdbfc981ba539924faff23d5e34d6d8_m.jpg
​枝豆かき揚げ
​小梅甘露留揚げ
​ご飯、吸い物、香物
​季節の果実シャーベットが付きます。
(別注で甘酒もご用意致します)

*梅雨の 食養生

中医学では「六淫の邪気」と呼ばれる、気候の変化から病気を招く要因を六つに分類する考え方があり、それぞれ「風邪」「寒邪」「暑邪」「湿邪」「燥邪」「火邪(または熱邪)」と呼ばれています。
冬の時期に 体に侵入し易い邪気には「湿邪」が該当致します。 
 
「湿邪」しつじゃ
​日本の梅雨は高温多湿で 体の中の水分も飽和状態になりがちです。水が余り過ぎる上に代謝が悪くなってしまうため、むくみ・下痢・便秘・水太り・湿疹・水虫・食あたり・水あたり・食欲不振・頭重感といった症状が出易くなります。

 

湿邪への対処法は、「利水 りすい」と呼ばれる 体に不要な悪い水をスムーズに排泄させる食材を取る事が肝要で、汗をかいて尿を出す事は 新陳代謝やデトックスに必要です。また適度な甘みは 夏の疲れを癒やし 痛みを緩和させ 味を整えたりする作用があるので有効です。但し過剰の甘みは、余分な水を滞らせる原因となるので 香りのある物や、代謝を上げてくれる辛味と一緒に摂ることで、水の循環も良くなります。 

  

梅雨に取るべき食材

「利水・利湿」りすい・りしつ 
  
湿を取り除き、むくみを取る
  とうもろこし(髭を含む)、アスパラ
​  空豆、枝豆、ウド

「芳香化湿」ほうこうかしつ 
  香りの良い食材で消化を助ける
  紫蘇、茶、陳皮

「辛温解表」しんおんげひょう 
​ 身体を温めて汗から発散させるもの
​  生姜、茗荷、万願寺ししとう

 

   薬膳アドバイザー・高橋 克慈
  

​[限定コース¥6,600]なら、上記以外に 一品追加されます
      (天丼か天茶、香物、季節の果実シャーベット付き)

​[特選コース¥8,800]なら、上記以外に 特選二品が追加されます
      (天丼か天茶、香物、季節の果実シャーベット付き)